「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

調理の基礎技術

カボチャの切り方

2006年3月14日

Q. カボチャの上手な切り方を教えて!

カボチャは皮が硬くて、切るのに一苦労します。切り込んだ包丁が動かなくなってしまうことも多い。苦もなく切れる方法はありませんか。

A. ぬれタオルを敷き、皮を下にする方法でチャレンジ。


カボチャを切る時には、まずはタオルとふきんを使い、手を切らないようにしてから、力を込めて切るようにする

カボチャの皮は硬いですが、その内側は包丁の刃が立たないほど硬くはありません。ですから、半割りのカボチャなら、皮の方を下にして包丁をグサッと切り込むようにします。ただ、皮に丸みがあって不安定なので、ぬれタオルを敷いた上にのせてカボチャを動かないように安定させてから押し切ります。それでも切り込んだ包丁がビクとも動かなくなってしまう場合があります。その時は、包丁のみねの上にふきんをかぶせ、その上から左手を打ち付けるようにして切ります。さらに小さく切る時には、切っ先を使って押し切ると楽です。


文=藤生久夫
撮影協力(包丁提供):マサヒロ(TEL : 0575-21-2100)