「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

調理の基礎技術

包丁の正しい持ち方

2006年4月4日

Q. 正しい包丁の持ち方を教えてください。

A. 基本型は3種類。状況に応じて使い分けよう。

握り型


握手をするように柄を持つ持ち方。出刃包丁の刃元を用いて素材を小さく切るのに適している。

指差し型


のばした人差し指でみねを押さえて持つので、切っ先で細かな動きもできる。刺身を引いたり、魚をおろす。

押し型


一番力の入る持ち方。大きな野菜や硬い餅などを押し切りするのに向いている。

文=藤生久夫
撮影協力(包丁提供):マサヒロ(TEL : 0575-21-2100)