「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

調理の基礎技術

コンニャクをちぎるのはなぜ

2006年5月2日

Q コンニャクを「ちぎる」のはなぜ?

コンニャクはちぎって使いなさいと言われました。ほかの材料は包丁を使ってきれいに切るのに、なぜ、コンニャクは手でちぎるのでしょうか。

A 表面積を増やして味をしみ込みやすくするため。

コンニャクは、プリプリしていて味がしみ込みにくく、それでいて味がしみ込まないとおいしくありません。そこで、手でちぎったり、スプーンでくり抜いたりして、表面をザラザラさせ、かつ表面積を大きくさせて、味をしみやすくするというわけです。切って使う時に、むすびコンニャクにするのも同じことです。


文=藤生久夫
撮影協力(包丁提供):マサヒロ(TEL : 0575-21-2100)