「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

編集部のマルチスコープ

お客同士を仲良く打ち解けさせる工夫

こんにちは。日経レストラン編集部の水野です。

5月増刊号の大特集「集客ワザ大事典」では、チラシの作成法やネット活用法など、お客を集めるための様々な手法をテーマに、外食業界で活躍する経営コンサルタントの皆様に寄稿をしていただいています。

その記事の1つとして、集客UP塾の土屋薫代表から、再来店を促す「イベント・フェア」の開催方法をテーマに寄稿をしていただきました。

口下手な自分がなるほどと感心した手法がありました。名古屋にあるワインバー「ボクモ」の取り組みです。

具体的には、クリスマスシーズンに合わせて、「ボクモ」では合コン「X'masロックTシャツPARTY」を企画したそうです。参加条件はロックミュージシャンの名前やバンドのロゴなどをあしらったTシャツを着てくるというもの。同店には音楽好きのお客が多いため、こうしたイベントを考えたとのこと。

お互いのTシャツを見ればその人の音楽の趣味がすぐ分かりますから、ぱっと打ち解けられるというわけです。

このケースは店が主催した合コンですが、こうしたイベントを成功させるには、参加者同士が打ち解けあえる、または少なくとも参加者が孤独を感じることなくスムーズに加わることができるような工夫が大切だと思います。「ボクモ」の手法には、学ぶべき点が多いのではないでしょうか。

2014年5月29日|Posted by 日経レストラン編集