「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

編集部のマルチスコープ

大切なのは適材適所

こんにちは。日経レストラン編集部の水野です。

先日、ある居酒屋運営会社の経営者から、少し前に数店ある自社店舗の店長たちを毎日交代させるという試みをしたところ、大成功だったというお話を伺いました。

店といっても、繁華街にあるのか、住宅街の側にあるのかという立地条件や、接待のお客が多いのか、地元の常連客ばかりなのかといった客層によって、店づくりの仕方は随分と違ってきます。もちろん、こうした条件に合わせた店づくりをしているのですが、居酒屋の場合、やはり大切なのは「人」です。

そこで、日替わりで各店の店長を交代させることで、お客による評価を競わせて組織を活性化させようと考えたわけです。

すると、今までは経営者が「店長としては頼りない」と考えていたある店長が、大活躍を始めたそうです。地元の常連客が多いある店で、その少し頼りないキャラが逆にウケたのです。その結果、その店長は、その常連客が多い店の店長となり、現在も活躍しています。

このような「日替わり店長」制度は極端な例かもしれませんが、部下を新しい仕事に挑戦させると思わぬ才能が見つかる可能性は十分にあると思います。経営者の方には、こうした挑戦の機会を与えることを、ぜひお薦めしたいと思います。

さて、話は変わりますが、本誌では7月28日(月)の13時より、東京・秋葉原で「日経レストラン読者フォーラム」を開催します。

熊谷喜八 アイビー最高顧問、河原成美 力の源カンパニー ファウンダー、米山久 エー・ピーカンパニー社長という3人の有力経営者にご登壇いただき、それぞれの観点から飲食店経営の極意を語っていただきます。

日経レストラン読者の皆様を無料で先着300人までご招待いたします。

» 詳しくは、こちらをご覧ください

2014年7月24日|Posted by 日経レストラン編集