「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

編集部のマルチスコープ

あなたのやり方は「従業員満足」を満たしていますか?

ご愛読ありがとうございます。日経レストラン編集長の戸田顕司です。

7月31日に牛丼チェーン「すき家」の労働環境改善に関する第三者委員会の調査報告書が公表されました。慢性的な人手不足にもかかわらず、拡大戦略を推し進めたためにスタッフは長時間労働を余儀なくされ、疲弊していく様子が伺えます。

読んで、私が印象に残っているのは、下記の1文です。

「過去の成功体験にとらわれた経営幹部は、巨大化したすき家に対する新しい時代の社会的要請(コンプライアンスとCSRを実践して発展すること)を理解できなかった」

がむしゃらにお客のために働いたから、今の成功がある――。創業者をはじめ、企業の立ち上げ期を支えた人々はこう考えがちです。このことは間違いではないでしょう。だからと言って、従業員満足を軽視していいはずがありません。

飲食業界はよく「給料が安い若い人を“使い捨て”して、コストを抑えている」と言われます。しかし、今後の人口減を考えると、このやり方では必ず立ち行かなくなります。

「すき家」の事例は、飲食店経営の舵取りが難しさを増していると強く感じる出来事です。決して他人事ではありません。他山の石として受け止める必要があると思います。

さて、これからの飲食店経営を考えるうえで、重要なポイントになってくる1つが「ブランド戦略」です。これは、デザインにこだわって格好良く見せるという表面的な話ではありません。店の魅力や個性を経営者やスタッフが再認識し、最適な方法でお客に伝えるのがブランド戦略です。

この戦略を推し進めていくことで、顧客満足と従業員満足が両立した飲食店を作ることができます。なぜなら、従業員が自分の店を誇りに思う心があってこそブランドが際立ち、そのブランドが好きなお客が集まって喜んでくれるためです。

日経レストランでは、小さい会社のブランド戦略コンサルタントの第一人者である村尾隆介氏の「ブランド戦略セミナー 飲食店編」を昨年に引き続き、開催します。

おかげさまで、前回は満足度が100%という本セミナー、ぜひふるってご参加ください。

2014年8月7日|Posted by 日経レストラン編集