「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

編集部のマルチスコープ

「これ、おいしいですよ」の効果

こんにちは。日経レストラン編集部の水野です。

これから発売される3月号の特集は、「また行きたくなる店」がテーマです。

その中で、本誌連載でもお世話になっている「居酒屋の神様」こと楽コーポレーションの宇野隆史社長にもお話を伺ったのですが、誰にでもできるお客様に喜んでもらえるテクニックとして、なるほどと思ったことの1つが料理を提供するときに「これ、おいしいですよ」という一言を添えるというものでした。

確かに、「これ、おいしいですよ」と言いながら料理をお客に提供すれば、自然とスタッフの顔は笑顔になるでしょうし、料理への印象もぐっと良くなるはずですから、お客の満足度も高まり、自然とお客も笑顔になるというわけです。

さらにお客が笑顔になってくれれば、「これ、おいしいですよ」と伝えた側のモチベーションも高まり、よりおいしい料理を作ろうというモチベーションアップにもつながります。

すぐに使えて、いろいろな意味で良い効果があるマジックワードだと思いました。

さて、私事で恐縮ですが、3月1日付の人事異動のため、メールマガジンの担当も今回で最後になります。今までありがとうございました。

2016年2月25日|Posted by 日経レストラン編集