「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

読んでおきたいこの1冊

素材から接客法まで日本料理を知り尽くす

『日本料理の食卓作法』

2010年5月13日
『日本料理の食卓作法』

『日本料理の食卓作法』日本ホテル・レストランサービス技能協会 著(キクロス出版/2940円)

日本料理の歴史、種類、調理法、素材、独自の食品、日本酒・焼酎・日本茶、マナー、接客法などについて幅広い知識が身に付く一冊だ。

懐石料理と会席料理の違い、箸の種類や漆器の扱い方、上座・下座の考え方、懐紙の使い方、日本酒の注ぎ方、和室での作法など、知っているようで、その実はっきりとは分かっていないようなことも本書は明快に説明する。

特に日本料理の接客法については一つの章を当て、予約からお見送りまでの流れを追いながら丁寧に解説している。玄関の盛り塩、日本茶の正しい出し方など、現場ですぐに実践できる内容も多い。

日本ホテル・レストランサービス技能協会は、日本料理の食卓作法に関するセミナーや講師認定試験を実施している社団法人。日本料理に関して網羅的かつ専門的に学べるこの一冊が店にあれば、和食店で働くのが初めての新人から様々な質問をされても、答えに窮する場面は大幅に減るだろう。

文=稲田 由美子