「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

読んでおきたいこの1冊

ツイッターを中小個店の味方にする方法

『小さなお店のツイッター繁盛論』

2010年11月11日

文=稲田 由美子

『小さなお店のツイッター繁盛論』

『小さなお店のツイッター繁盛論』中村 仁 著 発行:日本実業出版社/1680円

ツイッター経験者だが、自店の経営に生かすまでには至っていない中小飲食店の経営者─これが本書の想定読者だ。

著者は東京・六本木で100席を超える豚しゃぶ専門店「豚組しゃぶ庵」などを経営している。大きな投資が不要のツイッターを活用した結果、今や総客数の1割以上、売り上げで月300万円がツイッター経由の来店客によるものだと言う。

ツイッターの最大の特徴は双方向の情報のやり取り。「ぐるなび」やブログなど、店からの情報を一方的に流す他のネットメディアとはこの点で本質的に異なり、初来店前から潜在顧客との間に絆を結ぶことが可能だ。

本書は、ツイッターが飲食店にもたらす影響や、活用する際の知識・ノウハウを惜しみなく明かしている。“炎上”というネット特有の事態についても、その経験談や対処法を解説。ツイッターを採り入れたい、もっと生かしたい、という経営者には、必読の一冊だ。