「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

読んでおきたいこの1冊

早くて安くて簡単な販促ツールを使いこなす

『携帯メール販促で繁盛飲食店にする!7つのルール』

2010年12月16日

文=稲田 由美子

『携帯メール販促で繁盛飲食店にする!7つのルール』

『携帯メール販促で繁盛飲食店にする!7つのルール』山本 千晶 著発行:同文舘出版/1575円

携帯メールは固定客作りに役立つ販促ツールだ。一方的な情報発信だけでなく、お客との双方向コミュニケーションを可能にする。一方、コストや人手があまりかからないため、小さな飲食店でも使いやすい。

本書では、携帯メール販促事業のプロである著者がこれまで扱った500を超える飲食店の事例から導き出した成功のためのルールを披露している。会員登録を増やし、来店率を上げ、店の売りをアピールするコツ…。言われてみれば、なるほどと思うことばかりだが、実際に意識できているかどうかで、販促メールの効率はかなり違ってくる。

数多くの実例メールも掲載している。これまで販促に携帯メールを使ったことのある人もない人も、まず一読してみることをお薦めする。