「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

読んでおきたいこの1冊

利回りとコスト管理で飲食店経営を考える

『これだけは知っておきたい儲かる飲食店の数字』

2011年4月7日
『これだけは知っておきたい儲かる飲食店の数字』

『これだけは知っておきたい儲かる飲食店の数字』河野祐治 著 発行:日本実業出版社/1470円

これから個人で飲食店を開業しようと考えている人や「お客が入らないわけではないのに、なぜかお金が残らない」という中小飲食店経営者を対象に書かれている。

健全な飲食店経営に欠かせないのが財務管理。本書は売り上げ、経費、利益といった基本的な数字の意味と扱い方を教えると同時に、儲かるポイントとして、利回りとFLRコスト(原価+人件費+家賃)の視点から飲食店の繁盛の仕組みを解説している。

開業後3年以内に7~8割の飲食店が閉店に追い込まれるという厳しい時代に「カンと度胸を排除して、データと根拠を明確に」することが重要と著者は説く。いわゆる“ドンブリ勘定”の店は生き残れないと肝に銘じるべきだ。

(文=稲田由美子)