バーガーキング・ジャパンが挑戦し続ける「独自の価値を提供するための分煙」【後編】

バーガーキング・ジャパンが挑戦し続ける「独自の価値を提供するための分煙」【後編】

2016年3月22日

米国・マイアミを本拠地に、世界各国に1万4000店もの店舗を展開する「バーガーキング®」。日本では、バーガーキング・ジャパンの運営のもと、各地に98店舗(2月末現在)を展開しており、“大人のハンバーガー店”として高い支持を受けている。その理由のひとつが、快適な分煙空間でもある。後編では、ビジネスパーソンに人気が高い「バーガーキング® 六本木店」のケースを紹介しつつ、同社がこだわる分煙スタイルを見ていこう。

バーガーキング・ジャパンが挑戦し続ける「独自の価値を提供するための分煙」【前編】

バーガーキング・ジャパンが挑戦し続ける「独自の価値を提供するための分煙」【前編】

2016年3月8日

マイアミに本拠地をおき、世界各国に店舗を展開するハンバーガーチェーン「バーガーキング®」。日本では、2007年に再進出1号店をオープンして以来、“大人のハンバーガー店”として高い支持を受けている。ファストフードチェーンの中には、全席禁煙や全席禁煙+喫煙ブース設置といったスタイルをとっているところもあるが、同店は分煙のスタイルを貫き続けるのが特徴。同店を運営するバーガーキング・ジャパンで、COO(最高執行責任者)と店舗開発本部長、FC事業本部長を兼任する神元誠司氏に、分煙の考え方と取り組みをお伺いした。

人気オーナーシェフ、木下威征さんが語る「快適分煙」の店づくり【後編】

人気オーナーシェフ、木下威征さんが語る「快適分煙」の店づくり【後編】

2016年2月23日

フランス料理、イタリア料理、日本料理など食事を中心としたレストランでは、店内が全席禁煙というケースが増える中、東京・恵比寿のフランス料理店「オー・ギャマン・ド・トキオ」をはじめ5店の人気店を手がけるオーナーシェフ、木下威征(きのした・たけまさ)さんは「分煙」というスタンスで快適な店づくりを行う。今回は、グループ店の中から「キャーヴ・ドゥ・ギャマン・エ・ハナレ」の分煙スタイルを紹介する。

人気オーナーシェフ、木下威征さんが語る「快適分煙」の店づくり【前編】

人気オーナーシェフ、木下威征さんが語る「快適分煙」の店づくり【前編】

2016年2月9日

タバコを吸うお客様と吸わないお客様、双方が快適に過ごすための快適な店づくりとして、飲食店の分煙環境整備は注目度が高い。その一方で、食事をメインとしたレストラン業態では、「店内は禁煙」という店を多く見かけるようになった。そんな中、東京・恵比寿のフランス料理店「オー・ギャマン・ド・トキオ」をはじめ、5つの繁盛店を手がけるオーナーシェフ、木下威征(きのした・たけまさ)さんは、あえて「分煙」というスタンスを守り続ける。木下さんが考える「快適な店づくり」とは?

ミムラさんインタビュー<br />愛煙家には、タバコを気持ち良く吸い続けてほしい【後編】

ミムラさんインタビュー
愛煙家には、タバコを気持ち良く吸い続けてほしい【後編】

2015年12月15日

喫煙者の役を演じたことをきっかけに、タバコを吸うこと、タバコを吸う人に対する考え方が大きく変わったという、女優のミムラさん。後編では、「空気の美味しいところで吸うタバコは格段においしい」という定説の検証や、タバコを吸うときにおすすめの呼吸法など、“ミムラ流”の新鮮な発見も紹介。“喫煙者・非喫煙者”というカテゴリーでくくらない優しい視点が印象的だ。

ミムラさんインタビュー<br />愛煙家には、タバコを気持ち良く吸い続けてほしい【前編】

ミムラさんインタビュー
愛煙家には、タバコを気持ち良く吸い続けてほしい【前編】

2015年12月8日

「喫煙者は、ずっとやってみたかった役設定のひとつでした」という、女優のミムラさん。それまでタバコとはまったく縁がなかった彼女は、「歌謡曲の王様伝説 阿久悠を殺す」(2013年12月放映)でその機会を得て“喫煙特訓”に挑んだことで、喫煙や喫煙者に対する認識が大きく変わったという。「とても楽しい経験だった」と、笑顔で話すミムラさんに喫煙者と非喫煙者の理想的な共存についてお聞きした。

レストランチェーン「ジョイフル」が強化する分煙化の取り組み【後編】

レストランチェーン「ジョイフル」が強化する分煙化の取り組み【後編】

2015年6月23日

店舗の分煙環境整備の強化を進めているファミリーレストラン「ジョイフル」。同店を運営するジョイフルが採用したのは、喫煙エリアと非喫煙エリアの間にガラス壁を設置する仕切り分煙だ。2014年度には、本社に隣接する三川店(大分市)をはじめ、計3店舗をリニューアルとともに仕切り分煙に。また、2015年オープンの新規店舗でも同様の分煙化を進めている。後編では、三川店を例として喫煙者、非喫煙者双方にとっての快適性を追求した仕切り分煙の仕組みをお聞きした。

レストランチェーン「ジョイフル」が強化する分煙化の取り組み【前編】

レストランチェーン「ジョイフル」が強化する分煙化の取り組み【前編】

2015年6月9日

ファミリーレストラン「ジョイフル」を、全国に759店舗(2015年5月19日現在)展開するジョイフル(大分県大分市)では、店舗の分煙環境整備の強化を開始した。来店客からの様々な要望を受けて店舗の喫煙環境を検討し、新たな分煙環境の整備に取り組んでいる。今年出店する新規店35店舗で、間仕切りを設置する仕切り分煙を進めていく。今回は、取締役営業本部長の國吉康信氏に、同社が仕切り分煙を選んだ経緯や具体的な取り組みについてお聞きした。

飲食店検索サイトから見る消費者の<br />外食傾向と分煙環境のニーズ【後編】

飲食店検索サイトから見る消費者の
外食傾向と分煙環境のニーズ【後編】

2015年5月26日

1996年に開設した「ぐるなび」は、5200万人のユニークユーザーを持ち、月間で11億のページビューを誇る人気サイトだ。ぐるなび 企画開発本部 企画第1部門 統括次長の道用祐一氏は、「飲食店が発信する鮮度の高い“一次情報”を、正確かつ詳細にユーザーに伝えることが重要」と話す。店舗の様々な情報を伝える中での、喫煙環境表示の重要性やユーザーの関心の高さについてお聞きした。

飲食店検索サイトから見る消費者の<br />外食傾向と分煙環境のニーズ【前編】

飲食店検索サイトから見る消費者の
外食傾向と分煙環境のニーズ【前編】

2015年5月12日

飲食店選びで、今や欠かせないのが飲食店検索サイト。店の情報を事前に把握でき、目的に合った店を絞り込める。店内の喫煙環境の情報も需要が高い情報のひとつだ。今回は、「ホットペッパー グルメ」を運営するリクルートライフスタイルで、消費者の傾向を聞いた。ホットペッパーグルメリサーチセンター センター長の稲垣昌宏氏は、「喫煙環境も含め消費者の新たなニーズを掴むことで、飲食店とお客の“幸せなマッチング”を図りたい」と語る。

ページトップへ戻る
日経レストランONLINE Specialは、ベンチャーサービス局企画編集センターが企画・編集しているコンテンツです。
Copyright © 2012 · Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.