「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

クレーム担当者の奮闘日記

「食品偽装」を防ぐには

「もったいない」を許してはならない

2008年9月11日

文=水野 孝彦(日経レストラン)
イラスト=蛭子 能収

このコラムでは、架空の外食企業のクレーム対応担当者の日常を通して、最善のクレーム対応を考えていきます。

○月×日 午後
食品偽装はなぜ起きる

「もったいないと思った」──。

これは賞味期限切れの食品を販売するといった偽装行為の発覚後、その理由を問われた人たちがよく口にする釈明の言葉だ。お客様の信頼を裏切る行為は、料理の「使い回し」まで発覚した高級料亭、船場吉兆の廃業を見ても分かるように、会社の存続にもかかわる時代になった。

こうしたニュースを耳にすると、自分たちが当事者にならないように、できる限りのことをしなければ、といつも思う。

私が参加する外食チェーンのお客様相談窓口の責任者たちが参加する勉強会(外相研)では、食品偽装防止をテーマに研修合宿を実施することにした。お客様窓口の責任者たちは、コンプライアンス(法令及び社内ルールの順守)や内部通報制度の面でも重要な役割を任されている場合が多く、メンバーの関心も高いためだ。

Next: 不正が起きない組織を作るには

次のページへ
どうしてくれる!? 店長1万人のクレーム対応術

どうしてくれる!? 店長1万人のクレーム対応術

37のトラブルから学ぶクレーム対応術

外食大手23社が磨きあげたトラブル解決の決定版!
よくあるクレームへの対策から悪質なクレーマーの撃退まで、豊富な事例と解決策がこの1冊に。