「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

クレーム担当者の奮闘日記

隣の住民に出て行けと言われたら!?

飲食店の騒音・臭気対策

2009年8月20日

イラスト=蛭子 能収

○月×日 午後
店が臭いと
連日の抗議

「店からするにおいが臭くて仕方がない。何とかしろ!」─。

ある店舗の隣に賃貸マンションがあり、そこに引っ越してきた男性から毎日店にクレームが入るようになった。

そのマンションには数十人が住んでいるが、抗議は初めてのことで、私たちは戸惑った。

におい対策といっても、営業を続ける以上、その日から即効性のある対策が打てるわけでもないのだが、「なぜ、何もしないんだ! 迷惑だから、店の営業をやめろ」と日に日に男性からのクレームのボルテージは上がっていった。

店から発するにおいや音が周辺に迷惑を掛けていたとしても、店のスタッフは慣れてしまっているので、気が付かない場合が多い。

クレームを受けた店を点検した私の感想は、確かに料理を揚げる油のにおいなどが店の外に流れているが、飲食店として平均的な水準で、特に問題があるとは思えないというものだった。

しかし、抗議を受けた以上、できるだけのことはしようと私は決めた。専門業者に依頼して、ダクトの内部を掃除してもらい、フィルターも交換してもらった。結構な費用は掛かったが、店内から外に漏れるにおいは大幅に減らすことができた。

Next: 思いがけない騒音トラブル

次のページへ
どうしてくれる!? 店長1万人のクレーム対応術

どうしてくれる!? 店長1万人のクレーム対応術

37のトラブルから学ぶクレーム対応術

外食大手23社が磨きあげたトラブル解決の決定版!
よくあるクレームへの対策から悪質なクレーマーの撃退まで、豊富な事例と解決策がこの1冊に。