「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

衛生・クレンリネス

ユニフォームの賢い選び方は?

デザイン、機能性、清潔感の視点で決める

2007年2月22日

飲食店のユニフォームを決める際には、デザイン、機能性、清潔感のいずれのポイントも忘れてはならない。

<デザイン>ユニフォームは店舗の内装やインテリアなどと同様に、店舗全体の雰囲気を作り出す重要な要素のひとつ。開店直前になって、あわててユニフォームを選び始めたり、コストを抑えようと安っぽいものを導入するのは失敗のもと。お客は想像以上に従業員の服装に目を向けている。しかし、お客の目に触れやすいのは上半身。金銭的に余裕がない場合はトップのデザインを重視すればよい。ボトムスにまで凝る必要はない。

店のコンセプトが決まったら、ユニフォーム、インテリア、照明、食器、ディスプレーなどを同時に検討する。店の雰囲気作りにどれも大きく影響するからだ。壁の色や照明の明るさなどとのバランスを見ながら、店のコンセプトに合う色や柄のユニフォームを選ぶことが大事。例えば、従業員が元気よく働いている姿をアピールしたいならば、壁の色と対照的な色を選ぶと従業員の存在が浮き立つ。逆に、同系色にすると、スタッフは目立たなくなる。また、赤やオレンジ色などは活動的なイメージを与える。ただし、色数を増やすと、落ち着きのない印象を与える。

店の雰囲気に合わせるのと同様に大切なのは、それを着るスタッフの年齢だ。若者向けのかわいらしいデザインのものを年配のスタッフに着せると、不自然さや違和感をお客に抱かせてしまう。

また、お客が着ている服と同じようなオーソドックスなデザインを選ぶと、お客なのかスタッフなのかを見分けにくくなるため、不評をかう場合もある。その場合は、スタッフであることが一目で分かるように名札を付けるなどの工夫が欲しい。

<機能性>サンプルを取り寄せ、実際に着てみて、働きやすさなどを確認する。飲食店では伝票を入れたり、ボールペンをさすなど、頻繁にポケットを使用するので、ポケットの場所や大きさが適当かどうかも確かめる必要がある。

長期的な視点でコストを抑えるには、修理や買い替えをできるだけ避けるため、生地の丈夫さや縫製の丁寧さなどをチェックする。

<清潔感>洗濯することを考えれば、厚手の綿素材やアイロンがけのいらない形状安定素材の製品なども検討するとよい。コストはかかるが、洗濯は毎日したいもの。割高になるがレンタルユニフォームを使うと、その点に関する心配がない。

ユニフォームは購入するよりも、借りた方がコスト的に安くつくと思いがちだが、実際には借りる方が高くつくと言われている。それでもなお、借りる方を選ぶ飲食店がある理由は、初期投資のユニフォーム購入資金が不要になるからだ。だが、その分はランニングコストに反映される。

同じ借りるにしても、レンタル方式とリース方式では違いがある。レンタル方式は洗濯やメンテナンス、追加発注などの管理にかかる一切の手間をレンタル会社が代行する。一方、リース方式は、そうした管理対応がない、というのが大きな違いだ。

レンタル方式の洗濯は週に1~2回程度。従業員の入れ替えによって生じるサイズの変更は、無料でしてもらえる場合と有料のケースがある。デザイン的に凝ったものであればサイズ変更にも料金がかかるが、既製品のようなものならば一般的に無料だ。従業員の入れ替えが激しい大型店などでは、この点でコスト的にもメリットがあると言える。

基本的な料金は、貸与期間、ユニフォームの使用枚数、洗濯回数、配送頻度、ユニフォームそのものの質(価格)などから、1人当たりの金額を出し、これに人数を掛けて算出する。

レンタルやリースを利用する場合に注意が必要なのは、万一、ユニフォームを紛失した場合は、店側がその料金を負担しなくてはならないことなどだ。さらにレンタルの場合、たとえ未使用で洗濯に出さなくても、料金は一定額を徴収される。

購入するのか、レンタルやリースを利用するのかの判断は、最終的にはユニフォームを管理する手間をどう考えるかによる。

(日経レストラン編集部)