「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

店舗・内装

お客用の電話を店内に置く

NTTの「PてれほんC」の利用が一般的

2006年6月22日

携帯電話に押され、街頭の公衆電話はどんどん無くなりつつある。ただ、高級レストランや、くつろぎを演出したいと考える店にとっては、携帯電話の呼び出し音や声高なおしゃべりは、せっかくの雰囲気を台無しにしかねない。できれば店内に電話を設置し、携帯電話は遠慮してもらいたいところだ。

飲食店などでお客用の電話として一般的なのが、NTTグループが手がける「PてれほんC」。以前のピンク電話と同様、公衆電話ではなく、一般個人で使う電話と同じ性格のもの。電話機を購入する方式で、価格は11万250円(工事費別)。月々の費用は、回線使用料プラス50円となっている。

利用するお客への課金方法は、下記の3通りの中から選べる。

  1. 標準課金モード=公衆電話と同様に、通話の対象地により課金を行う
  2. 自立課金モード=10円で通話できる秒数(自立課金時間)を店側で設定し、付加料金として課金する
  3. 割増課金モード=10円で通話できる時間を短縮することにより(約10~40%の範囲内)、付加料金として課金する。

ちなみに、「PてれほんC」はカード式がなく、コイン式のみで、レンタル方式もない。回線は、デジタル、ダイヤルのどちらでも対応可能で、色はホワイトのみ。

なお、カード式のグリーンのアナログ電話、グレーのデジタル電話、オレンジ色のICカード専用電話(2006年3月末までに磁気カード式に統一される予定)などは、公衆電話の範疇に入る。

公衆電話については、電話機の購入費や設置料などの費用はかからず、手数料が店側に入る形になる。ただ、公衆電話は原則として公共の場に設置するという制約があるため、設置基準が厳しく、一般の飲食店の店内に置くのは現実的には難しい。

「PてれほんC」、公衆電話のいずれにせよ、設置の申し込みは、最寄りのNTTグループの営業所、もしくは116番に問い合わせを。

(日経レストラン編集部)