「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

百年の店、百年の言葉

ソラシオ

ついにこの連載は最終回を迎えることになった。今回のレストランのオーナーはわたしの親友、高橋治之である。汐留の天空に浮かぶがごとき店ゆえ、「ソラシオ」という。高橋自らが命名した。夜景の美しさは世界一である。(2012/12/05)[本文]

くじらのお宿 一乃谷

JR神田駅の近くにある「くじらのお宿 一乃谷」を仕切る料理人、谷光男はタダモノではない。23年間、仙台で料理店を営んでいたが、クジラ料理をもっと東京人に知ってもらおうと笈を負って2年前単身で上京した。(2012/10/31)[本文]

裏恵比寿 自然生村

「裏恵比寿 自然生村」は毎日大繁盛している。自然薯は日本原産の野生種で、滋養満点の自然のスタミナ山芋である。だから江戸時代には“山ウナギ”と呼ばれていた。地上は蔓になっていて小さな粒のようなムカゴをつける。この塩ゆでは酒のつまみに抜群だ。(2012/10/03)[本文]

バックナンバー