「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

人気料理人、ワザありの逸品

「青山えさき」店主 江﨑新太郎 × 春野菜

甘味、食感、香りが そろう瞬間を逃さない

2015年3月2日

包みを開けた瞬間
春野菜の香りが立ち上る

彩り豊かな野菜達… 焼いたり、炊いたり、 香りを瞬間的に閉じ込めて

彩り豊かな野菜達…
焼いたり、炊いたり、
香りを瞬間的に閉じ込めて

材料(1人分)

  • ニンジン、シメジ、サツマイモ、菜の花、プチベール、カブ、ブロッコリー、本ミツバ、セルフィーユ、白ゴマ、だし各適量

作り方

〈1〉野菜はそれぞれ食べやすい大きさに切り、別々に下処理する。ニンジン、シメジ、サツマイモは、塩を少々加えてゆで、菜の花とプチベールは塩を加えずにゆで、冷水に取って色止めする。カブは表面をサッと焼いてから塩ゆでし、ブロッコリーは素揚げする。

〈2〉鍋にだし(カツオ、コンブの合わせだし12に対して、淡口しょうゆ1、みりん1の割合で合わせたもの)を張って温め、〈1〉の野菜をゆで汁ごと加え、本ミツバ、セルフィーユを加えて軽く炊き合わせ、味を調える。

〈3〉器に透明フィルムを敷いて〈2〉の野菜をだしごと盛り、白ゴマを振ってフィルムの端を縛って提供する。

器に透明フィルムを敷いて〈2〉の野菜をだしごと盛り、白ゴマを振ってフィルムの端を縛って提供する

NEXT:ホクホクのそら豆の甘さとサワラのうま味が調和する

次のページへ

バックナンバー