「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

気になる新店

豊富な食事がそろい幅広く使える カフェ+食堂+居酒屋の新業態

一歩一歩のカフェ食堂(カフェ、東京・北千住)

2015年5月1日
一歩一歩のカフェ食堂(カフェ、東京・北千住)

メーン料理に500円をプラスすると、選択式の小鉢のおばんざい3種にから揚げが付くセットメニューにできる。写真は人気の「上州もち豚のポークソテー」(730円)に奥から「茄子の揚げ浸し」「具だくさん!おから」「小松菜の煮浸し」を付けたもの。プラス200円で飲み物を付けられる

4月1日、東京・北千住に同エリアで居酒屋など4店を展開する一歩一歩(東京・足立)が手がける初めてのカフェ業態「一歩一歩のカフェ食堂」がオープンした。店内は広いソファ席や小上がりの座敷もある今どきのカフェらしい作りだが、同店最大の特徴は一般のカフェとは異なる食事メニューの豊富さ。ハンバーグから魚の煮付けまでメーン料理だけで24種がメニューに並び、その他にもおばんざいやサラダ、おつまみ類がそろう。「食材が余っても、新鮮なうちに自社の他店で利用できる」(一歩一歩の大谷順一社長)というドミナント展開ならではの強みを生かして実現した。

一歩一歩のカフェ食堂(カフェ、東京・北千住)

ソファ席や小上がりもある店内

次のページへ

バックナンバー