「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

気になる新店

デザートまでビールと楽しめる キリンのクラフトビール専門店

スプリングバレーブルワリー東京(ビアレストラン、東京・代官山)

2015年7月3日
スプリングバレーブルワリー東京(ビアレストラン、東京・代官山)

6~7割のお客は6種のビールのお試しセット(各120mL、1000円)や、それに6種それぞれに合うつまみを合わせたセット(上、2000円)をオーダー

4月17日、東京・代官山にビアレストラン「スプリングバレーブルワリー東京」がオープンした。キリンビールのクラフトビール事業を担うスプリングバレーブルワリー(東京・渋谷)が運営し、施設内の醸造設備とキリンビール横浜工場で製造した「スプリングバレー」ブランドのドラフトビールを提供する。

提供するビールは基本6種類で、ブランドの主力製品で苦味もある「496」からホワイトビールタイプ、ラズベリー果汁を加え醸造したフルーツビールまでバラエティーに富む。「前菜からメーン料理、デザートまでビールと一緒に楽しめるよう、味覚のレンジを広く取り、2年半ほどかけて開発した」(スプリングバレーブルワリーの和田徹社長)という。

次のページへ

バックナンバー