「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

気になる新店

国産チーズと国産ワインの組み合わせを楽しむチーズ料理店

チーズレストラン DAIGOMI Minami Aoyama(チーズ料理専門店、東京・南青山)

2015年7月31日
チーズレストラン DAIGOMI Minami Aoyama(チーズ料理専門店、東京・南青山)

手前から熊本・玉名牧場の熟成したモッツァレラチーズを使った「本日のモッツァレラと100年トマトのカプレーゼ」(1280円)、4種類のチーズを合わせた「チーズ屋さん本気の石焼チーズリゾット」(2780円)

チーズ料理専門店「チーズレストラン DAIGOMI Minami Aoyama」が、5月11日、東京・南青山にオープンした。日本各地で作られたチーズを使った料理と、国産のワインや日本酒の組み合わせが楽しめる。

運営は、貸し切りパーティー会場運営のアプト(東京・豊島)。同社はイベントの少ない平日にパーティー会場を利用して飲食店を運営しており、チーズ料理専門店は、世界のチーズを集めた東京・池袋の「DAIGOMIIkebukuro」に次ぐ2店舗目だ。

「池袋の店は、女性に人気があるチーズを世界から集めて『チーズの奥深さが分かる』と反応が良かった。各国のチーズを仕入れる中で、国産のチーズも実は種類が豊富であると知り、今回はそれを伝えようと考えた」と、オペレーションプロデューサーの松田洋輔氏は語る。輸入品の印象が強いチーズで国産に特化した意外性が受け、30~40代の女性を中心に、女子会などのお客を集める。

チーズレストラン DAIGOMI Minami Aoyama(チーズ料理専門店、東京・南青山)

味わいの違いを丁寧に説明しつつ提供する「お任せチーズ盛 5種」(2180円)。国産ワインも充実している

次のページへ

バックナンバー