「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

気になる新店

「混ぜそば」に新風巻き起こす パスタ風ラーメン「ラパス」

ふく流ラパス 分家 WADACHI(ラーメン店、大阪・本町)

2015年10月9日
ふく流ラパス 分家 WADACHI(ラーメン店、大阪・本町)

左から、アサリと鶏チャーシュー、大葉、ムラサキタマネギを載せて見た目がさわやかな「アサリラパス」(780円)、13種類のスパイスを加えたカレー白湯(パイタン)スープにキーマカレーとキャベツを載せた「ダブルクラッチ」(800円)。いずれも残りのスープをかけて食べるミニご飯が付いた「完遂セット」(写真、昼は麺+70円、夜は麺+120円)を用意している。「アサリラパス」にはトマトご飯、「ダブルクラッチ」には炙りチーズご飯を組み合わせる

8月10日、オフィス街の大阪・本町に、新感覚の混ぜそば店「ふく流ラパス 分家 WADACHI(ワダチ)」がオープンした。人気ラーメン店の新業態店で、パスタ好きの女性を意識して「(汁なしの)混ぜそばをベースに、ラーメンとパスタの調理法をミックスした新しい麺料理の『ラパス』」(福山修司代表)を提供する。ゆでた中華麺に、ラーメンの4倍濃いスープを少量かけ、魚介などの具材を載せた料理で、麺にスープと具材を絡めて食べる。

次のページへ

バックナンバー