「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

気になる新店

「燻製」と「鉄板焼き」をミックス 香ばしさが女性客に人気

鉄燻 CHOI URASAN(薫製鉄板焼き店、大阪・梅田)

2016年1月8日
鉄燻 CHOI URASAN(薫製鉄板焼き店、大阪・梅田)

イタリア料理をベースにした薫製鉄板料理を提供する。手前から時計回りに、どんな料理かを知りたいお客にまず薦める「燻製いろいろ盛」、薫製で食材のコクを引き出した「フォアグラ燻」(1200円)。薫製の豆と南米産の雑穀であるキヌアをあえた「いろいろ燻製ビーンズのキヌアサラダ」(600円)、「燻製ラムチョップサラダ添え」

2015年10月、大阪・梅田で薫製食材の鉄板焼きが目玉の「鉄燻 CHOIURASAN(てっくん チョイ ウラサン)」がオープンした。同店があるのは、15年3月に大阪各地の繁盛店を集めて開業した飲食店街「お初天神裏参道」の一角。14年2月に京橋で開いた1号店が珍しい料理で集客に成功し、人気エリアに2号店を出した。

同店の目玉は薫製を鉄板で焼いたり炒めたりして提供する独創的な料理。薫製機を店内に設置し、通常より乾燥や薫製の時間を短くし、鉄板で料理に仕上げたときにちょうどよいバランスになるように軽めに仕上げる。乾燥は食材の水分が半分残る程度にとどめ、薫煙は表面に香りがつく程度にしている。そうしてあっさり目に仕上げた肉や魚の薫製は、鉄板で加熱すると軟らかくなり、薫製前の食材に近いジューシーな面も感じられるようになる。食材のジューシーさと薫製の香ばしさが両方楽しめる料理となっている。

鉄燻 CHOI URASAN(薫製鉄板焼き店、大阪・梅田)

店内に小型の薫製機を2台設置。注文を受けてから素早く薫製をする「瞬燻」を実施。食材をいぶした香りが食欲をかきたてる

次のページへ

バックナンバー