「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

韓国レストラン展望

リピーター率80%で昼も夜も賑わう地元密着型レストラン

「Tasting Room」

2012年2月15日

ソウルの高級住宅地、清潭洞の一角にある創作イタリア料理店「Tasting Room」。最近では江南に2号店をオープンさせるほど、人気になっている。

店内にはオーナー夫妻のこだわりがあちこちに。デザインは建築デザイナーの夫自らが手がけた。照明デザイナーの妻が厳選した灯りもチェックすると楽しい。

店内にはオーナー夫妻のこだわりがあちこちに。デザインは建築デザイナーの夫自らが手がけた。照明デザイナーの妻が厳選した灯りもチェックすると楽しい。

11時から営業しており、平日、週末の別なく、昼も夜もお客でほとんどの席が埋まっている。お客の80%をリピーターが占めている。昼間は老若男女の幅広い客層を集め、午後3時頃からは近所の主婦が集い、ピンス(かき氷のようなもので多くの具材が乗っており、混ぜて食べるスイーツ)をつつきながら会話を楽しむ。夕方になると、会社帰りの女性客でにぎわう。休日や学校が休みとなる期間は、親子連れや学生が目立つ。

料理は1品全て2~3人前の分量で、ボリューム満点。昼間の時間帯もランチセットは用意しておらず、一品づつ選ぶスタイルは変らない。そのため、お一人で訪れる客は月に3~4人で、その全てが外国人という。お一人様では楽しみが半減するかも知れない。

オーナーは夫婦で、夫が建築デザイナーで妻が照明デザイナー。夫婦ともに海外での仕事が多いため、海外で食事をした際にインスピレーションを受けた料理を独自にアレンジし提供する。客は料理とオーナーが作りだす店の空間で、多く友人とともに食事することを楽しみとしている。

人気料理は「Green monster flat bread」。ピザとは呼ばず、フラットブレッドと呼び、新鮮なホウレン草に、赤ワインでマリネした玉ネギ、トマトがたっぷりと乗る。20cm×30cmの大判サイズで切り分けるのが少々難いため、スタッフがカットしてくれる。

人気料理の「Green monster flat bread」。ピザとは呼ばず、フラットブレッドと呼ぶ。ホウレン草に、赤ワインでマリネした玉ネギ、トマトがたっぷり。20cm×30cmの大判サイズ。

人気料理の「Green monster flat bread」。ピザとは呼ばず、フラットブレッドと呼ぶ。ホウレン草に、赤ワインでマリネした玉ネギ、トマトがたっぷり。20cm×30cmの大判サイズ。

もう一つの人気料理は「Sicilian Meatball Egg Pan」。の名の通り、フライパンのまま料理を提供する。特製トマトソースに卵、リコッタチーズ、ミートボール、バジル、トマトがそのまま入っており、それらをよく混ぜて食べる。韓国ならではの「食材を混ぜて混ぜて混ぜる」料理で、ほとんどのお客がオーダーする一品だ。リコッタチーズがちょうど良いバランスでトマトソースの味を引き立てる。

これも人気の「Sicilian Meatball Egg Pan」。特製トマトソースに卵、リコッタチーズ、ミートボール、バジル、トマトがそのまま入っており、それらを食べる前によく混ぜる。ほとんどのお客がオーダーする一品だ。リコッタチーズがちょうど良いバランスでトマトソースの味を引き立てる。

これも人気の「Sicilian Meatball Egg Pan」。特製トマトソースに卵、リコッタチーズ、ミートボール、バジル、トマトがそのまま入っており、それらを食べる前によく混ぜる。ほとんどのお客がオーダーする一品だ。リコッタチーズがちょうど良いバランスでトマトソースの味を引き立てる。

デザートも特徴的で面白い。「Fry pan Cookie Ice Cream」はオレオクッキーの上にアイスが乗っているだけだが、スプーンを持つ手が止まらなくなる。この他にもボール型のチーズケーキがイチゴソースの上に乗るデザートもあり、シンプルながらとてもおいしく、楽しみながら食べられる。

フロアは1階と2階があり、2階は貸切パーティが可能で、テラスではバーベキューもできる。メニューには写真を使わず、ハングルと英語のみで表記し、アンケートボードにはさんであるだけだ。どんな料理かは、出てきてからのお楽しみというスタイルだ。

この店が人気を集めるもう一つの理由は顧客サービスにある。お客からの声を基にスタッフ自身がサービスの改善方法を考え、オーナーに提案。その一つの例としてワインの提供については分量を細かく指定できるスタイルに変更した。また、筆者が以前来店した際に、「どのような料理か写真で知りたいが、写真入りメニューはないか」と聞いたところ、この意見を基に近々写真入りメニューを特別に作成するという。このような顧客サービスがお客の心を弾きつけている。

店舗データ

ソウル市江南区清潭洞117-12 TEL02-512-2977●営業時間/11:00~24:00●客単価/昼2万ウォン、夜3万ウォン

文:石田のり子(Granage LLP)
日本、韓国、中国を拠点にビジネスマッチング、コンサルティング、新規事業開発サポートを行う。
連絡先:http://www.granage.com/

取材協力:I tour SEOUL(ソウル市)Webサイトはこちら