「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

注目のニューオープン

美味しく食べて癒される“フードセラピー”

「フードセラピーカフェ MANA」(イタリア料理店、東京・神谷町)

2008年4月11日

左:「冬野菜のバーニャカウダ」(1200円、手前)など、野菜が主役のメニューが多い
中:家のリビングのようなアットホームな雰囲気
右:スタッフの一人、鈴木綾さんの親類が栃木県那須町で栽培している野菜を仕入れている

「フードセラピー」という耳慣れないコンセプトを掲げたレストラン「フードセラピーカフェ MANA」が東京・神谷町に開店。栃木県那須町から直送される旬の野菜を使い、イタリアンベースの料理を提供する。

「生産者の顔が見える安全な旬の食材、うま味調味料を使わない料理、気の置けない人と楽しむ時間。それは人を幸せな気持ちにする。これこそ“フードセラピー”」というオーナーの北村重憲さんの考えの下に作った店だ。野菜不足を感じている女性や単身赴任のビジネスマンなどに支持されている。

人気メニューの「冬野菜のバーニャカウダ」は、黒大根や赤カブなど、その日入荷した7~8種類の野菜を、ゴマをペースト状にした和風のオリジナルソースで味わう。そのほか、「モチ豚と野菜の煮込み」など、野菜メニューが9割を占める。

運営するナチュラルセラピージャパンは、スパの運営やセラピストの育成などが主な事業。スパでのパーティーで出した料理が好評で、美と健康には食も重要であることを訴求するべく飲食業に参入した。今後は、ここを拠点に、セラピーと食を融合させたセミナーやイベントなども開催して、スパとの相乗効果を高めていきたいという。

文=橋本 伊津美 / 写真=的野 弘路

店舗DATA

東京都港区虎ノ門3-20-4 デュープレックスC's1階
TEL:03-3432-0741
2007年11月9日開業●店舗面積/16坪(52.8m2)●席数/20席(うちカウンター4席)●営業時間/11:30~14:00、17:30~22:00(20:30L.O.)、土日祝休●客単価/昼1000円、夜4000~5000円●月商目標/350万~400万円●原価率/30%●人件費率/30%●スタッフ数/4人●経営/ナチュラルセラピージャパン

※この記事の情報は、2008年1月現在のものです。変更されている可能性がありますのでご注意ください。