「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

雑誌「日経レストラン」今月の特集・あなたの店には野菜が足りない?!

2012年4月25日

つい最近まで、外食ではわき役扱いだった野菜への関心が、急速に高まっている。その理由は極めて明快。ヘルシーな料理をウリにすることが集客につながるようになってきたからだ。下の2つのグラフは編集部が全国の飲食店を対象に実施したアンケートの結果だ。およそ半数の店がこの数年で野菜をメインに使う料理を増やし、その4分の3が業績にプラスの効果があったと答えている。

今や、飲食店はおいしいのが当たり前の時代。野菜を活用したおいしくてヘルシーな料理を提供することが、他店と差別化するうえで強力な武器になる時代が到来した。

(調査概要)「野菜料理に関するアンケート」飲食店の経営者・店長103人、そのほかの飲食店従事者51人にインターネットによるアンケートを実施。

(調査概要)「野菜料理に関するアンケート」飲食店の経営者・店長103人、そのほかの飲食店従事者51人にインターネットによるアンケートを実施。協力:日経BPコンサルティング

NEXT:お客は野菜を求めている 20~30代男性も野菜好きに

次のページへ
日経レストランONLINE トップへ