「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

雑誌「日経レストラン」今月の特集・スタッフが伸びる店にする

「人手不足」などきっかけに組織的な教育が必要な時代

「人手不足」と「スタッフの世代交代」という2つの要因が重なり、飲食店のスタッフ教育は大きな転換点に差し掛かっている。

まず、飲食業界の人手不足は相変わらず厳しい。「募集をかけても、人が集まらない。飲食業は仕事がきついというイメージがあり、時給を上げても他の仕事に流れているようだ」と、ある飲食店オーナーは嘆く。

「誰でもいいから採用すればいい」と考えてきた店では、集まるスタッフの仕事に対する意識の差が広がっている。一方、厳しい基準で採用をしてきた店でも、その基準を緩めなければ人を集められなくなり、こちらでもスタッフ間の考え方のギャップが大きくなっている。

さらに、「週5回シフトに入るスタッフと、週1~2回入るだけのスタッフでは、店への愛着度に差が出る」(コンサルタント会社、アップ・トレンド・クリエイツの白岩大樹代表)。これもスタッフ間の意思疎通を難しくしている。

NEXT:おとなしいリーダーとスタッフの間に溝

前のページへ次のページへ
日経レストランONLINE トップへ