「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

分煙対応機器が今年も充実 店舗環境整備のための 最新情報の収集の場に

HCJ2011開催・注目ブース紹介

2011年1月27日

食とサービスをテーマにしたアジア最大規模の合同展示会「HCJ」が今年も開催される。
中でも、分煙環境整備のための製品が並ぶ「分煙トータルソリューション」ブースが注目されている。
受動喫煙防止対策の議論が盛んになっている中、分煙環境を整備するための情報収集に最適な場となっている。

2月22~25日、東京ビッグサイト(有明・国際展示場)で「HCJ2011」が開催される。「HCJ」とは「ホテレスジャパン2011(第39回国際ホテル・レストラン・ショー)」「第32回フード・ケータリングショー」「第11回厨房設備機器展」の3展の総称。アジア最大規模の合同展示会で、宿泊・外食産業関係者など約8万7000人の来場者を見込む。

会場は「厨房・フードサービスゾーン」「こだわりの業務用食品・飲料・調味料」などの8ゾーンに分かれ、厨房・調理設備機器、食品加工・包装設備機器などを扱う企業が、自慢の商品を展示。共同出展する企業も増え、昨年より100社ほど多い約800社の参加となる。

分煙トータルソリューションブース

分煙トータルソリューションブース

NEXT:分煙関連メーカーが一堂に

次のページへ
日経レストランONLINE トップへ