「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

決断のとき・千房 代表取締役 中井政嗣 編

2009年2月16日

千房 代表取締役
中井政嗣(なかい まさつぐ)

1945年奈良県生まれ。中学卒業と同時に乾物屋に丁稚奉公に出る。義兄のレストランでコックとして修業した後、1973年に大阪・千日前にお好み焼き専門店「千房」を開店。FC・海外店舗を含め60店舗、年間300万人が来客するチェーンに育て上げる。2008年3月期の売上は約45億円。40歳の時に経営の傍ら高校卒業資格を取得。人材教育に関して全国から講演依頼を頼まれることが多く、社会教育家としても知られる。

文=三木 いずみ
写真=鈴木 愛子

自社ビルの評価額が10分の1に下落し、債務超過に

食い倒れの町、大阪・道頓堀──。無数の飲食店がひしめく中、お好み焼きチェーン「千房」のネオンサインを掲げた、7階建てのビルが立つ。

社長の中井政嗣にとっては、憧れの地に立てた「夢の自社ビル」。と同時に、創業以来、最大の苦労をさせられたビルでもある。

「営業に役立つと、良かれと思って建てたのに、逆に、このために足を引っ張られることになるとは。夢にも思いませんでしたね」。

Next: 「飲み屋のおばちゃんにまで借金。株を手放し、ファンドも入れた」

次のページへ
日経レストランONLINE トップへ