「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

決断のとき・サイゼリヤ社長 正垣泰彦 編

2008年2月14日

サイゼリヤ 代表取締役社長
正垣 泰彦(しょうがき やすひこ)

1946年兵庫県生まれ。67年、東京理科大学在学中にレストラン「サイゼリヤ」開業。68年の大学卒業後、イタリア料理店として再オープン。その後、低価格メニュー提供で飛躍的に店舗数を拡大。98年、現ジャスダックに株式上場。2000年東証1部上場。国内店舗数769店。中国で100%出資会社を設立し、上海16店、広州2店出店(2007年12月末現在)

文=芦部 洋子
写真=山田 慎二

火事の後、イタリア料理店を出店
産業化には人と時が必要。
だから40年間潰れない業態を探した

「トントン、トントントン……」。正垣泰彦は聞きなれない物音で目を覚ました。1967年の冬の朝、正垣が千葉県市川市に開業したレストラン「サイゼリヤ」の店内、正垣と後に専務となる山本慈朗(じろう)は綿のように疲れて眠り込んでいた。

「二人とも店内で寝起きしていたんです。開店したもののお客が全然来なくて、アパートも借りられない。夜中まで営業して店を閉めた後、ホールに椅子を並べて、2枚の毛布を分け合って眠るんですよ。寒いから海老のように丸くなって」。

21歳の正垣は東京理科大学で理論物理学を専攻する大学生。新潟から上京した山本は17歳だった。

聞こえてきた物音は、階下のシャッターが遠慮がちに叩かれる音。「慈朗、慈朗……」。山本の名を呼ぶ声。「息子のことがよっぽど心配だったんだね。山本のお袋さんが新潟から出て来たんですよ。寝起きでぼんやりしている僕に丁寧に頭を下げて、『この子をよろしくお願いします』って。僕は胸がぐっと詰まって『はい、頑張ります』と答えたんです」。

若い正垣には、山本の母の言葉が胸に染みた。「20歳そこそこの僕に、お袋さんが深々と頭を下げるんですよ。一緒に働いてくれる仲間の生活、将来に責任があることを実感しました。頑張らなきゃいけない。俄然(がぜん)、真剣になりました」。

Next: 「お金がなくて店で寝起き。火事にも遭ったが、そこが原点」

次のページへ
日経レストランONLINE トップへ