書籍ラインナップ

就業規則がお店を滅ぼす
  • この商品を購入する
  • アマゾンで購入する

就業規則がお店を滅ぼす

現場の不満と不安を解消する労務管理

  • 黒部得善 著
  • 4-6
  • 176ページ
  • 価格 本体1,400円 + 税
  • ISBN 978-4-8222-7317-0
  • 日経BP社2013年6月24日発行)

内容紹介

法律の見方を知り、法律を味方に変える。
実践的労務管理の決定版!

小売店、飲食店、サービス施設などの店舗型ビジネスは、人がいなければシャッターも開きません。
どんなお店にも必要になるスタッフを上手に活用できるような仕組みや制度の整備が大切です。

本書は労働関係の法律の見方を知り、味方に変え、会社が持つ指揮命令権をもっと上手に活用する方法を学ぶ本です。

店舗を持つ経営者、オーナー、店長の方は本書をお読みいただき、日々の経営に生かしてください。

第1章 社長が説明でき、皆が納得してくれる給与の払い方

  • 労務の本質は指揮命令しやすい仕組み作り
  • 必要とする能力から評価と給与を設計する
  • 給与は「説明できる」ことが何より大切
  • 時給アルバイトの残業対策も忘れずに
  • 給与を払う意味をスタッフに伝えよう
  • 業績連動の給与は不満のもとになる

第2章 新入社員もアルバイトも長く生き生きと働ける指揮命令のあり方

  • アルバイトは入社1週目に退職を考える
  • 下手な面接が退職者を増やす
  • 新卒の社員はやる気満々だから辞める
  • 間違ったスイッチを押すとやる気を失う
  • 異動が少ない店はやがて潰れる

第3章 分かりやすい言葉でスタッフを一丸にまとめるルールの作り方

  • 就業規則がお店を滅ぼす
  • 経営理念は業務と結び付けて語る
  • もっと店のことが分かる雇用契約書を
  • 機密保持誓約書を有効活用する方法
  • 指揮命令に役立つ店の“常識"を作る
  • マニュアル化できない基準の守らせ方
  • 精神論を嫌って辞める人をなくす方法
  • 社長とスタッフの年齢ギャップを埋める

第4章 知らないうちに人を酷使してしまわないリスク管理の方法

  • 共通認識があれば解雇トラブルは減る
  • 過労死を生まないためのタイムカード活用
  • 9日間の連続勤務は危険信号
  • 「名ばかり管理職」にしないための対策
  • 人件費率は中身を見て生かせ
  • 会社を主語にした労務の実践を
page top
雑誌・書籍についてのお問い合わせはこちら