書籍ラインナップ

25人に1人の店長しか気づいていないお客様の集め方・増やし方
  • この商品を購入する
  • アマゾンで購入する

25人に1人の店長しか気づいていない
お客様の集め方・増やし方

  • 土屋薫 著
  • 4-6
  • 192ページ
  • 価格 本体1,500円 + 税
  • ISBN 978-4-8222-7336-1
  • 日経BP社2014年9月22日発行)

内容紹介

25人に1人の店長だけが気づいているお客様の集め方・増やし方がある――。
本書では、中小の飲食店を専門に指導する著者が気づいた一部の繁盛店だけが取り組んでいる「商圏内の特定の来店動機で一番になる自店のブランド化」と「DM活用法」の2つを中心に、無理せず繁盛店を目指す方法を紹介します。さらにお店が陥りがちな集客の失敗例と、その打開策を40ページにわたり、マンガで紹介。読みやすくて、分かりやすい一冊です。

目次

第1章
忘れられない店になろう

  • 「〇〇ならあの店」と言われよう
  • あなたの「考え方」や「姿勢」がブランドを作る
  • お客の利用動機の中から一番になれるものを探す
  • 顧客情報は席数の20倍集めよう
  • DMの目的は店を忘れさせないこと
  • ネット上での情報発信のコツ
  • 来店客にまた来てもらう3つのポイント
  • 販促の効果が出るまで、半年間は我慢を
  • 上客が喜ぶ商品を考えよう
  • コラム お客を減らさずに「値上げ」をするには

第2章
ケースで学ぶ
商圏内で一番になる方法

  • 顧客アンケートをヒントにブランド確立
  • 競争相手が少ないテーマでブランドを作る
  • 口コミを生みやすい記念日に利用される店
  • DMの目的は売ることではなく店を忘れさせないこと
  • イベント・フェアは主催者も一緒に楽しむ

第3章
マンガで学ぶ店のブランド化とDM戦略

  • (1)冬しか稼げない店を通年繁盛店に
  • (2)離れた常連客を取り戻せ
  • (3)良いDM、悪いDM
  • (4)店頭は最大の営業マン
  • (5)味には自信があるのに

参考資料 アンケートのひな型

特別付録 経営者座談会

  • 自分らしい店で商売を楽しむために
page top
雑誌・書籍についてのお問い合わせはこちら