「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

100人の宴会ができるダイニング

忍者屋敷(パーティーダイニング、東京・新宿)

2006年3月3日

文=水野 孝彦
写真=小川 玲子

店内には巨大なミラーボールや大型プロジェクターを設置。宴会を盛り上げる。

少人数向けの“隠れ家”的個室人気の隆盛の陰で、忘れかけられていた大人数パーティーのニーズをさらっていく店が活況を呈している。

リスクヘッジとして、人件費や内装費を抑える、ローコスト策をとったが、実際には価格競争力向上に寄与している。

それが新宿・歌舞伎町に開店した「忍者屋敷」。コンクリートむき出しの壁を利用して、ローコストでアメリカ人から見た忍者屋敷をイメージした内装を作った。ビルの5階と6階部分を使用し、最大140人まで収容できる部屋など7つの個室スペースに分かれている。

料理はセットメニューのみ

料理はセットメニューのみで、パスタ、ピザ、揚げ物、チラシ寿司などパーティーの定番料理。飲み放題が付く上にカラオケも使える。平均予算は1人当たり3000円とのことだ。

お客の6割が学生で残りの4割が会社員。イベント系の学生サークルが利用する機会が多いという。

「低価格で盛り上がれる“場”を提供すること」と店長の若生宏氏は店のコンセプトを説明する。強みを発揮するのは、100人を超える団体客。「100人の宴会を予算25万~30万円で受けることは、他店にはできない」(若生店長)という価格競争力にある。特に、140人を収容できる6階部分のオペレーションはユニークだ。


140人を収容できる部屋を使う場合、ドリンクはお客が自分で作る

料理は大皿で部屋の端のテーブルに置き、お客が取りに来るビュッフェスタイル。さらにアルコールなどドリンクもビールサーバーやボトルを置いておき、そこでお客が自分で注ぐ。レモンサワーなども自分で作ってもらう仕組みだ。大抵は、宴会の幹事が配膳やドリンク作りを担当する。

従来、飲食店のスタッフが行ってきた仕事をお客にやってもらうことで、100人を超える規模の宴会でも担当ホールスタッフはわずか1名で済む。


店舗DATA

東京都新宿区歌舞伎町2-36-3 アシベ会館5・6F
TEL:03-3232-9111
2005年11月1日開業●店舗面積/約160坪(527平方メートル)●収容可能人数/400人●営業/ 17:00~翌5:00、1月1日と2日のみ定休日●客単価/ 3000円●月商/約2000万円(05年12月)●スタッフ数/ 8~9人●経営/忍者屋敷●初期投資額/ 7000万円●設計・施工/堀川秀夫造形建築研究所


※この記事の情報は、2006年2月現在のものです。変更されている可能性がありますのでご注意ください。