「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

女性に人気の新感覚和風パスタ店

こなな 阪急三番街店(和風パスタ、大阪・梅田)

2006年7月14日

文=石田 千代
写真=大亀 京助

和風パスタ3品。手前が「ひじきとかぼちゃの和風くりーむぱすた」(980円)、左「蒸し鳥とおくらのとまとぱすた」(1080円)、奥「山芋とろろと半熟卵の和ぱすた 柚子胡椒」(1080円)

和風だしをソースのベースにした新感覚の和風パスタ店「こなな」が大阪・梅田の地下にある阪急三番街に登場。あっさりとした食べやすい味わいと、野菜を豊富に使用したヘルシー感が女性を中心に人気となり、05年8月の開店以来、27坪(89.1m2)の広さにもかかわらず月商1300万円を売り上げる絶好調ぶり。FLコストも55%と抜群の収益性だ。経営母体は、ポトマック(神戸市)。

看板商品の「和ぱすた」は、すべてのソースに和風だしを使用。昆布、鰹節、煮干、サバ節など数種の材料を使用した同店のオリジナルだ。この和風だしをベースに、「だし味」「醤油風味」「和風くりーむ」「とまと」と4種の定番ソースを開発した。さらに、季節限定商品として、夏季は「カレースープ味」なども登場する予定だ。


デザートセット「マンゴー豆乳プリンといちご大福」(850円、季節限定)

和風のデザインにまとめたエントランス部で、看板メニューの紹介もおこなっている

こうした定番ソースに、「山芋とろろと半熟卵」「山菜となめたけ大根おろし」「ひじきとかぼちゃ」「鶏そぼろと京なす」などの和風素材を組み合わせ、パスタと和えて仕上げている。

使用するパスタは、和風だしにからみやすい細めの1.5mmを使用。単品価格は、980円と1080円のツープライスに設定した。

単品メニューに加え、ランチ、ディナー共にサラダや惣菜がつくお得なセットメニューを用意。ほぼすべてのお客が、セットを選択する。

同店のもう1つの売りが、「抹茶豆乳プリン」や、生クリームを入れた「いちご大福」など、豊富に揃えた和風スイーツ。食後はもちろん、コーヒーや抹茶などのドリンクとのデザートセットもあり、和風スイーツだけのオーダーも可能だ。

既に同ブランドで、3店舗を出店。06年に近畿圏で2店、07年には近畿、首都圏で5店舗の出店を予定しており、将来的には全国展開への意欲をみせている。


店舗DATA

大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館B2
TEL:06-6373-0575
2005年8月10日開業●店舗面積/27坪(89.1m2)●席数/45席●営業時間/11:00~23:00(22:30L.O.)、不定休●スタッフ数/常時8人(社員2人 P/A6人)●客単価/昼990円、夜1300円●1日の客数/平日280人、休日480人●月商/1300万円●原価率/30%●人件費率/25%●経営/ポトマック●設計/アトリエブルー(TEL:078-331-2118)●施工/ZEN(TEL:078-265-1777)


※この記事の情報は、2006年6月現在のものです。変更されている可能性がありますのでご注意ください。