「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

ブレイク必至!? 女性が夢中になる激辛料理

HONGCHO ぶるだっく(鶏肉料理店、東京・赤坂など)

2007年4月20日

文=橋本 伊津美
写真=武田 和秀

「ぶるだっく」(1人前950円)。ぶる=火、だっく=鶏で、「火の鶏」という意味だ。青陽唐辛子ベースのオリジナルソースは、韓国から輸入

韓国で大人気の激辛鶏料理店「HONGCHO(ホーンチョ)ぶるだっく」が、日本でも本格的にブレイクしそうだ。フランチャイズ展開もスタート。今年に入ってから東京・町田(1月)と大阪・梅田茶屋町(2月)に相次いでオープンし、春以降も、直営、フランチャイズともに出店を予定している。

看板メニューは、店名にもなっている「ぶるだっく」。これは韓国の伝統料理ではない。「辛いものに慣れている韓国人も辛いと思う料理を作りたいという発想から生まれた新しい料理です」と、ホーンチョ・ワン・ジャパン営業管理のチェ・ジュンヒョンさん。韓国では、わずか4年で韓国全土に160店舗を出店しているほどの勢いだ。

青陽(チョンリャン)という甘辛い唐辛子をベースに、ニンニクやハチミツなど40種類もの食材や調味料を加えたオリジナルのソースを、蒸して余分な脂を落とした鶏肉に絡めて、直火で焼き上げる。甘辛さの後に、しびれるような辛みが口の中を駆け巡る。この病み付きになる味に加え、唐辛子に含まれるカプサイシンで美肌効果や免疫力アップが期待できると、韓国同様、日本でも美容や健康に敏感な女性に受けたようだ。昨年8月に開業した直営の赤坂店では、1週間に4日も来店するヘビーユーザーがいるほどで、来店客の8割は20代~30代の若い女性が占める。


(左)辛さにしびれた口の中を和らげる「消火カクテル」。リキュールベースで、ミルクやドリンクヨーグルトで割ったもの。写真はその一つ、「野いちごのヨーグルト」(550円)
(中)肉は直火であぶる。出る煙で燻製のような香り付けに。調理風景は客席からも見える
(右)女性一人でも入りやすい店内

前菜やサラダ、麺類、デザートも充実。「韓国ではメニューを絞り込んで展開していますが、日本はダイニング的な利用が目立つため、ぶるだっく以外のラインアップにも力を入れています。これは、日本独自開発です」(崔さん)。

今後は、ぶるだっくをメインにしたコースメニューも検討しており、男性客の宴会ニーズも取り込む狙い。さらに、日本でノウハウを蓄積して、世界展開への足がかりとする構えだ。


店舗DATA

東京都港区赤坂3-11-13 コンチネンタル赤坂III 2F
TEL:03-6230-3339
2006年8月開業●店舗面積/45坪(148.5m2)●席数/70席●営業時間/11:30~15:00(平日のみ)、17:00~翌5:00(土曜は~23:00)、日祝休●スタッフ数/9~10人●客単価/2500円●1日の来客数/120人●月商/約650万円●原価率/30%●人件費率/27%●初期投資額/4900万円●経営/ホーンチョ・ワン・ジャパン●設計・施工/誠建築工房


※この記事の情報は、2007年3月現在のものです。変更されている可能性がありますのでご注意ください。