「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

ネットで資金集め 話題の店舗を次々オープン

「軍鶏郭茶寮」(軍鶏料理店、横浜市)

2007年11月5日

文=鈴木 桂水

出資を募るホームページ

1店目の経営は順調。チャンスを逃さず2号店の出店に乗り出したいが、資金調達がネック──。こんな悩みを抱える経営者は少なくない。

ケーズカラナリープランニングは、それを「ファンド」のシステムでクリアし、店舗数を増やしている。同社が経営する店舗はこの10月で11店になるが、そのうち3店がファンドで出店している。

仕組みはこうだ。新店舗のコンセプトをホームページ上で公開し、出資を募る。出資者は店舗の年間売り上げに対して配当金を受け取る。配当率は出資金が多いほど上がり、食事券や試食会などの株主優待も受けられる。外食企業らしいリターンだ。

出資は、1口5万円から。少額で飲食店のオーナーになれるという話題性もあり、資金の調達は順調だ。この方法ですでに、鉄板焼きの「MADOy」(東京・神楽坂)、軍鶏料理の「軍鶏郭茶寮」(横浜・関内)の2店をオープン。この10月3日には3号店の泡盛ダイニングバー「オキナワンバル」(横浜・関内)もオープン予定だ。


(左)この10月にオープンする「オキナワンバル」は、店舗プロデュースにソムリエの田崎真也氏の従兄でもある“泡盛ソムリエ”の田崎聡氏を起用し、貴重な古酒(クースー)を揃える
(右)ファンド2号店の「軍鶏郭茶寮」は、奥久慈軍鶏や東京軍鶏など、全国の軍鶏を仕入れ、炭火焼きなどで提供する。自然派ワインを揃えるなど、酒類にもこだわる

出資者は、仕入れから清掃まですべてのコストをはじめ、日々の売り上げデータにいたるまで、店舗の運営状況をネット上で閲覧できる。「“オーナー”は、売り上げが伸び悩んでいるのを見ると、友人を集めて宴会をするなど“協力”もしてくれる。この仕組みは、資金調達だけでなく、同時にサポーターを作ることにもなっている」と同社の渡辺賢二専務は話す。


(左)入り口は落ち着いたたたずまい
(右)1階はカウンター、2階は小上がり席

8月にオープンした軍鶏料理店「軍鶏郭茶寮」は、3940万円の出資金を集めて出した店。開店費用の100%を出資金でまかなっている。「オキナワンバル」も、出資の募集開始から5カ月で、必要な2700万円がほぼ集まったという。

今後は、実力やアイデアはあるが、資金がない人材の発掘もしたいという。


店舗DATA

横浜市中区太田町2-31-2
TEL:045-641-7858
2007年8月6日開業●店舗面積/40坪(132m2)●席数/40席●営業時間/17:00~24:00、日祝休●客単価/5000円●月商/500万円●原価率/25%●スタッフ数/4人●経営/ケーズカラナリープランニング


※この記事の情報は、2007年9月現在のものです。変更されている可能性がありますのでご注意ください。