「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

山形・鶴岡発、予約の取れない地産地消イタリアンが東京進出

ヤマガタサンダンデロ(イタリアン、東京・銀座)

2009年8月7日

文=やぎぬまともこ
写真=うらべひでふみ

ある日のアンヴェ・ミルー。(左)主菜(イワナのソテー)&山菜とだだちゃ豆の手打ちパスタと、鼠ヶ関の鯛のマリネ、発芽玄米&天然水。(右)山形産野菜のバーニャカウダ。デザートとコーヒー付き。昼1000円〜、夜5500円〜

地産地消イタリアンの先駆けとして全国からお客を呼び寄せる「アル・ケッチァーノ」の東京店「ヤマガタサンダンデロ」が山形のアンテナショップの 2階にオープンした。藤沢カブや雪菜など在来作物の新しい魅力を次々と引き出してきた奥田政行シェフならではの料理で山形の魅力をPRしようというのが狙いだ。

東京店のコンセプトは「山形への入り口」。庄内や米沢など山形各地から集まる旬の食材を、忙しい東京の消費者に気軽に味わってもらうため、シンプルにスピーディーに調理する。

例えばお昼の 3300円アンヴェ・ミルー(庄内弁で「あんばいを見る」の意)では、主菜やパスタなどコース料理の一部を“おうちご飯”のようにワンプレートに盛り付けて提供する。これまでの「アル・ケッチァーノ」にはないスタイルだ。また、飯豊(いいで)町や月山(がっさん)の湧き水に庄内産の発芽玄米のポップコーンを入れて提供するなど、特産品の新しい活用法の提案にも力を入れる。

店舗DATA

東京都中央区銀座1-5-10 2F
TEL:03-5250-1755
2009年5月12日開業●店舗面積/約37坪(121.9m2)●席数/36席●営業時間/11:30〜15:00、18:00〜23:00●客単価/昼1800円、夜1万円●目標月商/850万円