「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

農家の娘、息子たちが発信生産者と生活者をつなぐ店

六本木農園(農業実験レストラン、東京・六本木)

2010年4月23日
六本木農園(農業実験レストラン、東京・六本木)

旬の野菜を盛り込んだ「六本木農園厳選 旬のまるごと生野菜」(時価)は料理長の実家で手作りをしている味噌や自家製マヨネーズをつけながら楽しめる。手前はボリューム感と香りの高さが人気の「島根県産ジャンボまいたけの天ぷら 海士の塩とともに」(1200円)

スタッフの9割は家族や親類が農業や漁業に従事しているという「六本木農園」のコンセプトは農業実験レストラン。「カッコ悪い」という農業のイメージを払拭し、農業の大切さや楽しさを食を通して伝える実験的な場という意味だ。

NPO法人農家のこせがれネットワークが中心となって運営。自然農法や有機栽培を行う生産者から直接仕入れ、公正な価格で買い取ることで農業がビジネスとして成り立つよう応援する。

店舗では今日の食材の生産者の名前を掲示。月1回生産者を招く「ライブマルシェナイト」など顧客と接点を持つトークイベントも行い、第1次産業の魅力を発信する場所になることを目指している。

甘糀と豆乳ベースに旬野菜を加えた「豆乳糀鍋」が味わえる「まるごと六本木農園コース」(5800円)など、コースを3800円から用意。単品メニューも約10種類あり、食や農業に関心の高い女性を中心に支持を集めている。

MAP

店舗DATA

東京都港区六本木6-6-15
●TEL:03-3405-0684●2009年8月開業●店舗面積/75坪(247.5m2)●席数/72席●営業時間/18:00〜24:00、日祝定休●客単価/5000〜6000円●1日の来店客数/約50人●目標原価率/30%●経営/NPO法人農家のこせがれネットワークが中心

文=橋本 伊津美、写真=室川 イサオ