「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

5年で100店狙うプレッツェル店初のイートインショップを出店

アンティ・アンズ 二子玉川ライズS.C.店(プレッツェル専門店、東京・二子玉川)

2011年6月17日
アンティ・アンズ 二子玉川ライズS.C.店(プレッツェル専門店、東京・二子玉川)

塩がアクセントになっている「オリジナル プレッツェル」(220円)や、砕いたアーモンドと砂糖が甘くて香ばしい「アーモンドクランチ プレッツェル」(250円)は人気の味。キャラメル味やクリームチーズのディップ(各100円)を一緒に買う人も目立つ。プレッツェルの生地でソーセージを包んで焼いた「プレッツェル ドッグ」(320円)もある。「レモネード」(300~350円)は生のレモンを絞って作っている

2010年11月に日本上陸を果たし、1号店の池袋東口店、2号店の秋葉原メトロピア店は行列が絶えない米国のプレッツェル専門店チェーン「アンティ・アンズ」が、3店目で日本初のイートイン店舗「アンティ・アンズ 二子玉川ライズS.C.店」を開業した。

同店も平日は20人前後、週末は30~40人が列をなす。ビジネスマンやOL、子供や孫を連れたファミリー、学生など客層は多様。出来立てを楽しもうと客席は昼前後から満席だ。プレッツェルジャパン(東京・港、小松俊介社長)広報の井川沙紀さんは、「朝食、昼食、おやつと1日中、需要がある」と言う。

プレッツェルというと歯ごたえのあるドイツの伝統的なものをイメージするが、アンティ・アンズはソフトな食感が特徴。店内で仕込んで焼いており、当面は6種類で展開するが、今後はバリエーションの拡大や、セットの提供も検討するという。

MAP

店舗DATA

東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・ショッピングセンター ステーションマーケット1F 70120-600-159●2011年3月開業●店舗面積/25.8坪(85.3m2)●席数/39席●営業時間/10:00~21:00、無休●客単価/720~1200円*●1日の来店客数/1000組以上*

*は編集部推計

(文=橋本伊津美、写真=小川玲子)