「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

3坪弱で月商150万円効率性に富むマイクロバル

vivo daily stand(ヴィーヴォデイリースタンド)新橋店(バル、東京・新橋)

2011年10月7日
vivo daily stand(ヴィーヴォデイリースタンド)新橋店(バル、東京・新橋)

新橋店と代々木店の料理はセントラルキッチンでもある中野店(約10坪)から届く。「6種類の野菜のピクルス」「トリッパのトマト煮」「鶏レバーのパテ」(各400円)などのほか、チーズやハム・サラミ、スイーツなども楽しめる。ワインはグラスが中心で10種類ほど。

「ヴィーヴォデイリースタンド新橋店」は、中野を1号店として代々木、高田馬場で人気を集めるマイクロ(小型)バルの4号店。ほか3店は夜のみの営業だが、新橋店はオフィス街のため、朝の出勤時間帯から深夜まで営業する。

新橋店は2.7坪でスタンディングが基本。スタッフは午前と午後の交代制で常時1人で切り盛りする。お客が5~6人も入ると繁盛感が出て、それが呼び水になるメリットもあるという。

朝8時からの営業は8月下旬から始めて間もないため出勤途中の利用はまだ少ないが、京都の小川珈琲の豆を使ったエスプレッソベースのドリンク(250円~)が評判となり、近隣の汐留や築地から足を運ぶ人や昼食後にテイクアウトする客が増えている。

現在は、1日の来店が40人ほど。下川淳也店長は、「地域のコミュニティ機能を目指している。朝の認知度を高め、1日100人の集客が目標だ」という。

MAP

店舗DATA

東京都港区新橋2-20-15 TEL:03-6280-6460●2011年6月開業●店舗面積/2.7坪(8.9m2)●収容人数/15人●営業時間/月~金8:00~24:00、土14:00~24:00、日祝定休●客単価/1000円●1日の来店客数/約40人●目標月商/150万円●経営/VIVO PRODUCTION TOKYO

(文=橋本伊津美、写真=室川イサオ)