「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

八王子に横丁型飲食店街が誕生 昼はデリ販売&ランチ営業で二毛作

肴とおかずの銘店街 八王子ロマン地下(飲食店横丁、東京都八王子市)

2012年1月13日
肴とおかずの銘店街 八王子ロマン地下(飲食店横丁、東京都八王子市)

上:昭和30年代をイメージした外観は、ネオンが灯ると一際目立ち、集客に一役買う。下:フロアの隅々まで「三丁目の夕日」のような昭和の世界観で統一。ムーンロードには気軽に酒とカラオケを楽しめる「スナックあびこや」があり、飲み屋街の雰囲気を醸す

JR八王子駅南口に話題性に富む横丁型飲食店街「八王子ロマン地下」がオープンした。150坪の地下街を昭和30年代のイメージでデザインし、23ものテナントを招聘し密集させた。売り場は、ラーメンや回転寿司など家族向けの業態を集めた「ハッピーロード」、焼き鳥、唐揚げなど鶏を扱う業態を集めた「チキンロード」、居酒屋など飲み屋を集めた「ムーンロード」の3つで構成されている。

テナントとして飲食店だけでなく青果店、鮮魚店、精肉店など物販が入るのが新しい。日中はムーンロード以外の飲食店がデリとランチを販売し、物販店と併せて「デパ地下」のように地元の買い物客を獲得し、夜は飲食店で会社帰りの飲み客を集客する。企画と内装を手がけたのは「神田ミートセンター」など複合型飲食店街を次々と成功させているスパイスワークス。同社によると「初日の来客数は3500人あり、それ以降も好調。売り場全体で月商7500万円を期待している」とのこと。

とりわけ注目なのは、値ごろ感のある鶏料理で東京・上野周辺の人の流れを変えたといわれる人気店「鳥番長」がオープンさせた「鳥番長舎弟」だ。同店では、上野店で人気の鶏の七輪焼きに特化し、狭い店舗でも無理のないメニュー構成にした。その上で、昼はランチだけでなく、鳥番長初の惣菜も用意して昼夜の二毛作での売り上げを狙う。

表情豊かな23のテナント

肴とおかずの銘店街 八王子ロマン地下(飲食店横丁、東京都八王子市)

左上:テナントはできるだけ同じフロアの物販店から仕入れるようにして助け合う。右上は「鳥番長舎弟」の「とりてき定食」(500円)。精肉店ではメンチカツ(左下)を販売し、ほかに回転寿司やラーメン店もある

MAP

店舗DATA

東京都八王子市子安町4-11-8 B1FTEL:042-655-7395●2011年12月開業●店舗面積/4坪(13m2)●席数/20席●営業時間/11:00 ~24:00、無休●客単価/昼600円、夜2500円●目標月商/250万円●経営/バイタリティ

(文・写真=鈴木桂水(外観写真以外))