「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

開業初月から坪月商38万円を売る 話題のワイン居酒屋の2号店

ヴィノシティ マジス(ワイン居酒屋、東京・神田)

2012年1月20日
ヴィノシティ マジス(ワイン居酒屋、東京・神田)

手前から人気メニューの「オーブン焼(魚介)」(700円)、「ポップンからあげ」(500円)、「magisフォアグラ ソテー」(1500円)。特に最近はフォアグラに人気が出てきているという。メニューはほとんどが1000円未満

昨年1月に東京・神田で開業し、たちまち繁盛店となったワイン居酒屋「ヴィノシティ」。そのオーナーソムリエ藤森真氏が2軒目の店「ヴィノシティ マジス」を昨年10月中旬にオープン。開業初月から坪月商38万円を売り上げる人気だ。

1号店は、高級フレンチで修業したシェフによる居酒屋料理と2000円台のボトルを主力としたワインの品揃えで人気の店だが、マジスでは同店との差別化を図り、ロゼワインを前面に押し出している。

約100アイテムのワインのうち3割はロゼ。「フランスではワイン消費量の3分の1はロゼ。日本では人気がないが、実はどんな料理にも合わせやすい」(藤森氏)という。マジスでは1日約70本ワインが出るが、その6割はロゼ(スパークリングも含む)。グラス売りのロゼは1種類のみと案内しているが実は2種用意があり、お客が頼んだ料理に合うものを提供する。

ヴィノシティの名物でフルサイズのフルートグラスに表面張力で盛り上がるまでスパークリングワインを注ぎ入れたドリンクは「続・こぼれスパークリングワイン」としてマジスでも人気。8割以上のお客が頼む。

料理は、やはり高級業態で修業を積んだシェフが担当。人気料理の一つはポップコーンと唐揚げを合わせた「ポップンからあげ」(500円)。ポップコーンはその日の営業開始前に店で作る出来立てで、唐揚げは様々なハーブやスパイスで味付けした本格派。「まずは慣れ親しんだ料理を高いレベルで提供し、“この店はおいしい”と実感してもらうことが大切」と藤森氏。一方で、1皿120gとボリューム満点のフォアグラ(1500円)など本格派料理も手頃な価格で提供。両面からお客を満足させている。

隠し部屋など店内には様々な仕掛けがある

ヴィノシティ マジス(ワイン居酒屋、東京・神田)

上段左:店内の様子、上段右:隠し部屋になっている6人席の個室。下段左:様々なロゼワインを壁面に飾った立ち飲みコーナー。下段中:「続・こぼれスパークリングワイン」(600円〜)。2種提供するうち1種は必ずロゼだ。下段左:ワインセラーは特注で上部に別々の温度帯に保てるワインクーラーが3つ並ぶ

店内の様子

  • マウスを左クリックしたまま左右上下に動かすと、画面が動き、店内の様子をいろいろな角度から見ることができます。画面内の四角形の赤い枠をクリックすると動画が再生されます。
  • この画像はWebScapeという仮想空間構築サービスを使い、モバーシャルが制作したものです。詳しくはこちらをどうぞ。
MAP

店舗DATA

東京都千代田区鍛治町2-9-7 大貫ビルB1F TEL:03-5577-5575●2011年10月18日開業●店舗面積/約18坪(59.4m2)●席数/43席●営業時間/日~木15:00 ~翌0:00(L.O.)、金15:00 ~翌3:00(L.O.)、土祝休●客単価/4050円●1日の平均客数/約70人●原価率/45%●初月の月商/680万円●経営/シャルパンテ

(文=大塚千春、写真=室川イサオ)