「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

唐揚げと無料チャーシューで 肉好きの心を掴むラーメン店

肉屋(ラーメン店、東京・水道橋)

2012年2月3日
肉屋(ラーメン店、東京・水道橋)

上:中華そばと唐揚げがセットになった「唐揚定食」(950円)が人気。写真のラーメンは定食の中華そばにチャーシューを無料トッピングをしたもの。中華そば単品は650円。唐揚げは3個350円、5個500円で追加でき、持ち帰り販売もする。

ラーメン店ながら「肉屋」の屋号を掲げるこの店は、チャーシュー増しの無料サービスを売りにし、1日に200人以上の集客を誇る。経営は「六厘舎」を運営する松富士食品だ。

ボリュームを求めるお客のニーズに応えるべく、チャーシュー増しを無料にした。中華そば(もともとチャーシュー1枚付き)なら最大5枚、チャーシュー麺(同6枚付き)だと11枚まで増量できる。肉屋というだけあり、中華そばとげんこつ大の唐揚げ3個、ご飯をセットにした950円の定食もある。毎月29日は「肉の日」とし、中華そばに価格据え置きで250~300gのブロックチャーシューをのせ1日で400杯を売る。

値頃感が人気の理由で、同社広報によると「原価率は明かせないが、自社の系列店に比べてかなり高い」と苦労を明かす。行列のできる繁盛店ながら、社員、バイト1人ずつでやりくりし、人件費を抑えてやりくりしている。

MAP

店舗DATA

東京都千代田区三崎町1-5 TEL:非公開●2010年11月開業●店舗面積/13.5坪(44.6m2)●席数/12席●営業時間/11:00~22:00、日休●客単価/780円●1日の客数/200人以上●スタッフ数/2人(アルバイト1人)●経営/松富士食品

(文・写真=鈴木桂水)