「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

自家製の野菜やチーズを使う 地方都市の本格ピッツェリア

ピッツェリア ダ・サスィーノ(ピッツェリア、弘前市)

2012年6月8日
ピッツェリア ダ・サスィーノ(ピッツェリア、弘前市)

石窯に使う薪は地元青森のリンゴの木。自分たちでチェーンソーで切り、薪にする。上品な甘い香りがピッツァに移る。下:モッツァレラチーズは自家製。写真のピッツァはモッツァレラにオレガノ、アンチョビなどを加えた「サスィーノ」(1450円)。サイドメニューも充実。「お蕎麦屋さんの蕎麦前(蕎麦店の酒と酒肴)が好きなので、同様にピッツァの前に楽しんでもらえるものをと考えた」(笹森氏)

全国からお客を集める青森県弘前市の人気イタリアン「オステリア エノテカ ダ・サスィーノ」が新たに開いたピッツェリア。

オーナーシェフの笹森通彰氏は、自分で育てた野菜や果物、そして、自家製の生ハムやチーズを供して高い評価を得てきた。最近では、自家製ワインの醸造にまで乗り出し、〝自給自足”レストランへの道を着々と歩んでいる。ピッツェリアにも同じポリシーが貫かれている。

料理に使う野菜やハーブそしてモッツァレラチーズまで自家製。夏場は食材の自給率が金額ベースで8割に達するという。石窯に使う薪材は地元青森のリンゴの木。「東京の繁盛店のコピーではなく、さらにその先を行く唯一無二の店を目指した」と笹森氏は言う。自家製のフレッシュな食材で作られた本格ピッツァが手頃な価格で楽しめるとあって、女性グループ客や家族連れを中心に地元客で賑わっている。

MAP

店舗DATA

青森県弘前市土手町62-1 TEL:0172-33-2139●2010年8月開業●店舗面積20坪(66m2)●席数/31席●営業時間/11:00~14:00(L.O.)、17:00~20:30(L.O.)、月曜休(月曜が休日の場合は火曜休)●客単価/昼1300円、夜2800円●1日の客数/50人

(文=三橋英之、写真=小川玲子)