「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

“1切れから”の使いやすさで リピート率5割超

NIKU-AZABU(ニクアザブ・焼き肉バー、東京・西麻布)

2012年6月22日
NIKU-AZABU(ニクアザブ・焼き肉バー、東京・西麻布)

手前から、牛の気管の「ウルテ」などを1切れずつ盛り合わせた「ホルモン9点盛り合わせ」(1人前1200円)、自家製の「ナムル」(500円)、牛の肩甲骨の下あたりにあるミスジをミョウガなどの薬味を加えた大根おろしとポン酢で食べる「ミスジの焼きシャブ」(500円)。ワインは20種を揃える

1人でも色々な種類を味わえるよう、ホルモンや肉を1切れから注文できるのが、東京・西麻布の焼き肉バー「NIKU-AZABU」だ。焼き肉店には珍しくカウンター席が9席あり、来店客の約2割が1人客だという。

西麻布でバーを経営し、1人で焼き肉に行くこともあるオーナーの濱野健嗣氏。「西麻布はカジュアルな焼き肉店が少ない」と感じ、同店を立ち上げた。

ホルモンは内臓専門業者から直接仕入れ、1人前80~110g程度で500~600円。「鮮度がよい状態でリーズナブルに提供できるのが強味。肉も4つの部位が1枚で味わえる「黒毛和牛のデラカルビ」(2000円)や、牛の尻尾の付け根の肉「イチボ」(1200円)などの希少部位を揃える。

リピーターは5割超。「各部位の特徴や、焼き加減などを丁寧に伝える接客を心がけ、満足感を高めてきた」(濱野氏)ことが常連客化に結びついている。

map

店舗データ

東京都港区西麻布4-11-3 1F TEL:03-3499-8689●2011年11月開業●店舗面積/14坪(46.2m2)●席数/27席●営業時間/18:00 ~27:00、無休●客単価/4000 ~4500円●1日の客数/30人●月商/420万円●経営/カワイハイ

(文=橋本伊津美、写真=室川イサオ)