「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

「獺祭」直営の日本酒バー 飲み比べセットが人気

獺祭Bar 23(日本酒バー、東京・京橋)

2013年6月7日
獺祭Bar 23(日本酒バー、東京・京橋)

奥は、獺祭の飲み比べセット(3種類2000円)。720ml瓶の2本セットで3万6750円の「獺祭 磨き その先へ」も試すことができる。手前の料理は酒粕入りの「ダッサイ酒まんじゅう」(1000円)と珍味の「唐墨」(2300円)

純米大吟醸の「獺祭(だっさい)」で、日本酒ファンに知られる旭酒造(山口県岩国市)が、東京・京橋の複合ビル内に直営の日本酒バー「獺祭Bar 23」をオープンした。

プロデュースは徳島の有名料亭「青柳」の小山裕久氏。同ビル1階に小山氏が開いた和食店「京橋 婆娑羅(ばさら)」の一品料理や、青柳で作った珍味をそろえる。

人気が高いのは「磨き 二割三分」、「同 三割九分」など精米歩合が異なる米で作った「獺祭」を飲み比べられるセット(3種類2000円、5種類3000円)で、来店客のほぼ全員が注文するという。

旭酒造の桜井博志社長は「日本酒をおいしく味わうための酒器を開発してお客様の反応を見るなど、この店でさまざまな実験を行う。消費者の声を吸収し、卸先の飲食店がお客様に日本酒を提案する際の知見を得たい」と話す。旭酒造の社員が講師を務める試飲セミナーの開催などを検討中だ。

獺祭Bar 23(日本酒バー、東京・京橋)

カウンター8席、テーブル席8席の店内。和と洋が融合したクラシックな雰囲気で、酒はワイングラスに入れて提供。獺祭の全商品がそろうショップを併設する

map

店舗データ

東京都中央区京橋3-1 東京スクエアガーデンB1F TEL:非公開●開業/5月7日●店舗面積/14.5坪(47.9m2)●席数/16席●営業時間/バー:月~土10:00~24:00、日祝12:00~22:00、ショップ:月~日・祝10:00~20:00●客単価/約5000円●目標月商/約400万円(バー)●経営/旭酒造

(文=橋本伊津美、写真=室川イサオ)