「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

400円からのピザが主力のバル 普段使いの客集めて月商拡大

Bar sempre pizza(ピザバル、東京・荻窪)

2013年10月11日
Bar sempre pizza(バール センプレ ピッツァ・ピザバル、東京・荻窪)

手前はトラットリア時代よりやや小さくした直径25cmの窯焼きピザ「マルゲリータ」(500円)。テークアウトもできる。奥は前菜「生ハム・サラミの盛り合わせ」(500円)。8月からの新メニューでは前菜を300円と500円の2種類に統一して、コストパフォーマンスを高めた

「Bar sempre pizza」は、東京・荻窪の住宅街に今年2月オープンした手頃な価格のピザを主力にしたバル。

低価格ピザ店「センプレピッツァ」を展開するBuona Vita(ブオナ ヴィータ・東京・杉並)が、低価格路線の好評を受けて既存のトラットリアを業態転換。客単価を従来の半分の2500円に設定したところ、客数が倍増。月商は5~6割伸びたという。

直径25cmのピザを1枚400~950円で提供。パスタ(600~950円)や前菜もそろえる。ボトルワインも3000円以下に絞ったことで、注文数が従来の約2倍になったという。志水将児社長は「ピザ以外に注文が分散し、ピザ職人が他のスタッフを手伝える。この店をピザ専門にした場合より、人件費率を抑えられる」と話す。

現在は月商約500万円だが、8月から無休に変更し、月商700万円の達成を目指している。

Bar sempre pizza(バール センプレ ピッツァ・ピザバル、東京・荻窪)

道路に面した部分はオープンテラスになっている。トラットリア時代は40~50代がメーンだったが、日常使いができる業態になり、20代後半の若い世代まで客層が拡大した

map

店舗データ

東京都杉並区荻窪4-29-8 TEL:03-6276-9307●開業/2013年2月●店舗面積/30坪(99m2)●席数/54席●営業時間/月~金12:00~14:30(14:00L.O.)、18:00~23:30(22:30L.O.)、土日祝12:00~15:00(14:30L.O.)、17:00~23:30(22:30L.O.)、無休●客単価/昼800円、夜2500円●1日の平均来店客数/昼40~50人、夜50~70人●月商/約500万円

(文=橋本伊津美、写真=小川玲子)