「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

どて煮を載せた濃厚オムライス サラダを見直し人気店に復帰

浪花オムライス(オムライス専門店、大阪・心斎橋)

2014年1月17日
浪花オムライス(オムライス専門店、大阪・心斎橋)

お客の7割が注文する「浪花オムライス」(700円)。1日50食が出る一番人気で、プラス150円でサラダとスープがセットで付く(コーヒーは別売)。「どて煮」はすじ肉の中でも軟らかい希少部位を使用し、赤ワインを加えて煮込むので特に女性に人気。食べている途中でオムライスの味に変化を付けられるよう、カウンターにはショウガの甘酢漬けやバルサミコ酢を用意する。

大阪・心斎橋のオムライス専門店が好調だ。看板メニューは店名を冠した「浪花オムライス」(700円)で、デミグラスソースに加えて大阪名物である牛すじ肉の煮込み「どて煮」も載せた意外性と濃厚さが受け、2011年のオープン時から人気が出た。だがその後、セットメニューにしたときのサラダの味などが不評で売り上げが低迷。昨年10月、現オーナーの福井毅氏が店を引き継いだ。福井氏は野菜の基礎知識を持つ「ジュニア野菜ソムリエ」の資格者で、「野菜はカットしてから時間がたつと苦みが出る。オムライスが濃厚だからこそサラダのさっぱり感が大事」と、カットした野菜は必ずその日のうちに使い切るようにした。野菜の洗浄方法も見直して、野菜の食感を良くした。また、オムライスのデミグラスソースとケチャップライスに使う玉ネギを甘みの強い淡路産に変更するなどした結果、お客から「野菜がおいしくなった」と評判になり、当初の客足を取り戻した。今後はアジアへの進出も計画中だ。

浪花オムライス(オムライス専門店、大阪・心斎橋)

店は昔ながらの落ち着いた洋食店。来店するお客の6割が女性で、中でも20~30歳代が多い

map

店舗データ

大阪市中央区南船場3-11-27 日宝シルバービル1F TEL:06-6245-7206●開業/2011年4月(12年10月より現オーナーが経営)●店舗面積/7坪(23.1m2)●席数/9席●営業時間/11:00~16:00、18:00~24:00、月休●客単価/700円●1日の平均来店客数/75人●月商/160万円●スタッフ数/2~3人●経営/7206♥International

(文、写真=羽野羊子)