「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

知っておきたい店情報

奥田シェフが挑戦する 庄内式洋食・フレンチの店

アン・ヴェ・ミルー(フランス料理店、山形・鶴岡)

2014年2月7日
アン・ヴェ・ミルー(フランス料理店、山形・鶴岡)

ランチで一番人気となっている「山形県産つや姫と旬の食材炙り丼」(980円)。取材時は奥田シェフが厳選した地元産の米「つや姫」を柔らかい山形牛のローストが覆う奥田式の牛丼を提供していた

山形・庄内の「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ奥田政行氏が、新機軸のフレンチレストランをオープンさせた。JR鶴岡駅から徒歩10分の映画館「鶴岡まちなかキネマ」の併設施設で、料理長にはフランスで修業経験のある鈴木直樹氏を招いた。

映画館のお客をつかむために、ランチでは「山形県産つや姫と旬の食材炙り丼」(980円)やエビフライなど“洋食”のランチプレート(1500円)を提供。手ごろな価格と本格的なフレンチのソースを使った味が人気で、ランチは2回転する日も珍しくない。夜は庄内の食材をふんだんに使ったコースを3500円から用意する。奥田氏と鈴木氏の競作によるメニューは、本格的なフレンチの技法を使いながらも、食べ疲れない。

イタリアンだけでなくフレンチでの修業経験も持つ奥田氏は、「フレンチ店の経験でスタッフの技術が格段にアップする」とメリットを話す。

アン・ヴェ・ミルー(フランス料理店、山形・鶴岡)

ビストロ風のメーンダイニングと高級感のある個室で店内を構成する。ランチ時には1.5~2回転を実現。オープン時のラッシュを避けるのと、地元客を優先するために、あえてプレス向けの発表はせず、ひっそりと立ち上げた

map

店舗データ

山形県鶴岡市山王町13-36 TEL:0235-64-8630●開業/2013年9月●店舗面積/35坪(115.7m2)●席数/28席●営業時間/11:00~14:30L.O.、17:30~21:00L.O.、火休●客単価/ランチ1300円、ディナー5000円●1日の平均来店客数/65人●月商/350万円●スタッフ数/6人●経営/オール・ケッチァーノ

(文、写真=鈴木桂水)