「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

Tech-レストラン

成果報酬型、Webサイト制作サービス「ぐるぺ」

閲覧された分だけ料金を支払う 予約・問い合わせ受け付けなどの機能も

2010年2月4日

インターネットでの販促の重要度が増している今、店や会社のWebサイトが実際に閲覧された量に応じて料金を徴収する、PV(ページビュー)課金型のWebサイト作成サービスが注目されている。

料金は、実際に閲覧された量をPVで測り、1PV当たり2.7円で計算する。事前に追加料金のパックを購入し、閲覧数に応じて差し引く割安な料金体系も用意している。また、写真撮影、画像や動画などのコンテンツ制作にも、別料金で応じている

通常、Webサイトを作るときは、専門の制作会社に発注し、独自にデザインしてもらうため、コストが高くなりがちだ。しかし、集客効果が不明なものに費用は支払いたくないもの。このニーズに応えるよう考えられたものだ。

まず、店舗データ等をインターネット上で入力し、デザインのパターンを選択して申し込むと、専用のWebサイトが準備される。これに、店側で必要な情報を加えたり、加工したりすることで、Webサイトを完成させる。

情報とは、料理写真、店舗情報、クーポン情報、お知らせ、地図、採用情報など。入力は簡単で、こうした情報を管理画面で登録するだけで、それが画面に反映される。

デザインのパターンは10以上用意されており、イタリアン、カフェ、居酒屋など、業態に応じた雰囲気のものを選べる。

また、メルマガ、ブログ、予約・問い合わせ受け付け、アクセス解析、SEO対策(検索ページの表示順が上位になるよう工夫すること)など、効果的な情報発信に必要な機能も備え、ケータイからの閲覧にも対応している。独自ドメインの利用も可能だ。

最初1カ月間の試用期間は無料で、それ以降はPVに応じた料金を支払う仕組み。初期設定と3000PVのパックが5万円で、追加PVは1PVあたり2.7円が標準。1カ月間の請求の上限は1万PV分(2万7000円)までとしているため、大幅に閲覧が増えた場合も安心だ。前金で支払う場合のパック料金も設定しており、そのPVに達するまでに次のパックを買い足して継続する仕組み。

画面のデザイン例

デザインのパターンは10以上用意している。このパターンを選んだ上で、自店の情報や写真を入力することで、簡単にオリジナルのWebサイトを作ることができる

問い合わせ/ディバータ 0120-963-604 http://www.gpage.jp/

文=齋藤 訓之